礼文情歌 ~ランニングソング~

ミラクルパパのひとり言
2月も後半に入ってきて、夜明けが少し早くなってきたような気がします、春がまちどおしいで
す。 ワクワク、ドキドキしますよね。
感動を持ち続ける?幼少の頃からの体質なのかもしれません。
(このような体質は)私だけかも知れませんが(笑)
私の暮らしているこの街もここ数日間、ほとんど雪が降りません。真っ白な雪、感動的な雪です
けど、度を過ぎると処理には苦労します。
「やっぱり」雪は降らないほうが良いかもしれません(笑)。
外はかなり明るくなってきました。
コーヒーをすすりながら、ん~今朝は「礼文情歌」を聴きながら書いています。ランニングソン
に入っている曲です。
趣味のランニングに出掛ける時、ウオークマンに入れてる曲、私はそれをランニングソングと読んでます。
入れている曲は演歌は対象外ですけど、なぜかこの歌は入っているんです(笑)。以前はよく枕
元にラジカセで聴いていました。
一般的には認知度が低い歌だと思いますけど、私は大好きです。これ聴くと礼文に行きたくなり
ます。
余談になりますが、スナックに行くと必ずというほど(カラオケで)この曲をさがしますけど何処にもありません。いつも残念だな~
この街で有名な36(さんろく)街にもありません。
最近見つけました(驚)以外です!私の近所のスナックにこの曲はありました。
「エッ!こんなところに?」不思議な感覚においやられましたね。
「スナックえん」旭町2条9丁目、10丁目だったかな?バス通りに面しています、この店、旭星地区市民委
員会の青少年育成部の二次会でよく使用します。そこで偶然の発見!


日高一也さんの曲です アルバム『俺の演歌を聞いてくれ』より
ユーチューブ mattsu1021さんからお借りしました。
一度だけ礼文に行ったことあります、37歳ごろだろうか?稚内港から始発のフェリーで、礼文の
観光バスに揺られて確か記憶では島は一周できないと思います(今は分かりません)。
最北の小さな島なのだろうか、狭い道も観光バス優先で島民の人たちは道を譲ってくれます。
その思いやりに心がうたれた事を覚えています。
シーズンが終わったせいでしょうかウニは有りませんと言われました。
昼食をとって今度は利尻へ、島一周の観光バスにのり・・・旅館は「田中屋」で到着したころは
夕方で、観光客の宿泊に併せて客を都合の良いところで下ろしてくれます(笑)
感激というか、驚きました。
この柔軟性はすくなくてもこの街旭川ではありえない。
また行ってみたい

スポンサーリンク
ミラクルパパ新サイト
ミラクルパパ新サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ミラクルパパ新サイト