我が家のアロニア栽培 まもなく収穫です

真っ赤な実をつけてくれたラズベリーの収穫がおわって、こんどはアロニアの収穫を日曜日にしようと思っています。 撮影:2017-8-22

アロニアの害虫被害

昨年は「芯喰い虫」にやられちゃって、楽しみにしていた収穫が半減しました、今年は3回消毒をしました。ほんとうは無農薬でいきたかったんですけど。
2016 アロニア収穫

アロニアは害虫の被害はほとんどありませんが、我が家のアロニアは数年前から芯食い虫の被害にあっています。真っ黒い実を見た限りでは被害にあっているか分らないんですが、よく見ると小さな穴が開いていたり、果肉が干からびて張りがなくなってきます。

果肉を開いてみると、白い虫が入っているんですよ(笑)

「ヒエー!こんなの食べれなーい」ってなことに、収穫してボールに水を浸しておくと虫がでてきますが、限界がありますので、やはり害虫の防除は必要ですね。

ことしは「ベニカベジブルVスプレー」を3回散布しました。近所のホーマックで1000円しません。

農薬のアディオンのように芯喰い虫に直接効果は記載していませんが、虫が嫌がるには効果があるかもしれまん。

アブラムシには効果があります。

おそらく果肉の中に芯喰い虫がいるなんて、知らないでジャムなどに加工している人いるかもね、あなたは大丈夫ですか?

我が家的アロニアの育て方


(↑)2006年撮影 我が家の庭に植したのは2005年ごろかな~、小さな幼木で1本2000円で2本別けて頂いたものです。小さな幼木ですが、次の年から少し収穫がありましたね。

当時の話ですけど、ほんとうはカシスの苗を買ったつもりでしたが、熟していても酸っぱいし、家のカシスどうして美味しくないのかな???なんて思ってたり 数年して、これアロニアだわ~(笑)

突然可愛くなりましたよ、毎年たくさんの実をつけてくれて。


現在の成長したアロニアの木 2本とも元気です 高い所は脚立がないと実がとれません。

ミラクルパパは北海道の豪雪地、旭川に住んでいます。ラズベリーやアロニアなどの栽培方法などはWebで見ても、本州で育成する例が多くて参考になりません。

その証拠に植えかえ時期は秋から冬にかけて・・・なんてのも例として沢山でてきますけど、鉢植えなどの、室内で栽培している場合を除いては、北海道ではムリなお話です。

Web製作者は、自分で栽培しているのでしょうか? ネットで情報を集めて記事の編集をして、さも自分が育てているかのようにネットで流すのだろうと推測せざるをえません。

私は自分で栽培しています。

栽培に関しては、特別なことは何一つしていませんよ、肥料も今年初めて与えましたが過去には与えたことはありません。つまり、ほったらかしちゅうわけです(笑)すべて天然的。

それくらいアロニアは栽培しやすいのです。

アロニアの冬囲いは必要・・・?

ほったらかしでも大丈夫ですけど、せっかく沢山の実をつけてくれたのに、可哀そうですよね。アロニアの木は細くて弱いんです たくさん実をつけて重くなると枝が広がってしまうので、冬囲いをして幹の中心に枝を集めておくと冬の間に固まって落ち着きます。

冬囲いはしたほうが良いです。

秋になると冬囲いの画像をこのブログにアップしますので、参考にして下さい。

アロニアの食べ方

我が家ではジャムにしています。収穫したら、小分けして冷凍保存にして、無くなりかけたら溶かしてジャムをつくります。

毎朝、ヨーグルトにかけて食べます、美味しいですよ、アントシアニンがブルーベリーの約2倍の含有量だし、抗酸化作用も強い!抗酸化作用が強いと、コレステロールの低下や、血圧降下、スポーツ選手なら活性酸素の低減にもつながりますね。

つまり体が錆びないということです。

スポンサーリンク
ミラクルパパ新サイト
ミラクルパパ新サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ミラクルパパ新サイト
コメントの入力は終了しました。